LCCは気軽に旅行するための必須手段

- LCCは気軽に旅行するための必須手段

LCCは気軽に旅行するための必須手段

皆さんが旅行に行くときに使う交通手段として車やバス、電車、新幹線などがあるかもしれません。では飛行機はどうでしょうか?もしかしたら他の方法に比べて高くつくと感じるかもしれません。しかし数年前から日本にも安い値段で乗れる飛行機が普及してきました。それがLCCです。

LCCって何?

皆さんもLCCという名前は聞いたことがあるかもしれません。LCCとはローコストキャリア(Low Cost Carrier)の略称です。レガシーキャリアで当たり前のように提供されているサービスを有料化し、その分コストを下げ安い運賃で席を提供するような仕組みになっています。
ですから食事や飲み物も有料になっています。座席指定や預け荷物などももちろん有料です。
でもその分航空券は格安です。でも安心してください。安いからといってその分安全面をおろそかにしているわけではありません。

日本にはどんなLCCがあるの?

2017年6月現在、日本には4社のLCCエアラインが競合しています。それはピーチ、ジェットスター、バニラエアー、春秋航空です。(有名なエアアジアも日本で就航予定です)
名前を聞いたことがあるかもしれません。それぞれがいろいろな戦略で格安航空券を販売しています。例えば春秋航空は毎月7日に使用している期待にちなんで737キャンペーンというものを行なっています。文字通り運賃が737円になるというキャンペーンです。かなり安いですね。

LCCを使うメリット、デメリットは?

激安と書かれたハンコ文字
では実際LCCのメリット、デメリットを比べてみましょう。まずメリットですが何といっても安い!レガシーキャリアに比べてたくさんの格安航空券を探すことができます。
また目的地に早く着くというのもメリットのひとつです。浮いた時間を観光などに使うことができ、まさにお金と時間の節約になります。
デメリットはというと、サービスが有料であることでしょうか?また座席の間隔がレガシーキャリアに比べて狭いので、特に体格の良い男性は窮屈に感じるかもしれません。
小柄な女性ならこの点でそれほど不便は感じないでしょう。

日本国内であればLCCの選択もあり

じゃあ結局LCCを積極的に使うべきなのでしょうか?答えは人によって異なります。例えば家族大勢で旅行に行くなら車のほうが便利で安くつくでしょう。
でももし夫婦や一人だけならLCCを使ってみるのもアリです。なにせ東京から沖縄に行ってもキャンペーンをうまく利用すれば数千円で青い海を見ることができるからです。
また国内であれば飛行機に乗っている時間は、最長でもせいぜい4時間弱なので狭さもそれほど苦にならないかもしれません。これから夏の季節LCCを使って旅行に行ってみるのはいかがでしょうか?

Similar Posts:

  « 前の記事: を読む  
Copyright(C)2016 より安く旅行したい!格安航空券情報のオトクな使い方を教えます! All Rights Reserved.